Adobe Flash Player を取得
<b>マイケル「あ……っ、ニー……ル、ニール……っ!」</b><br /><br />
<b>ニール「……っ、ん――」</b><br /><br />
僕の上で、ニールが軽く中を揺する。彼が漏らした小さな声に、僕は余計に煽られた。<br /><br />
<b>マイケル「あっ、ん、あ――もう……あっ」</b><br /><br />
波が打ち寄せてくる感覚。<br /><br />
ニールと再会して、何度かこんなことがあって。次第に身体が覚えはじめた絶頂の予感に、僕は身を委ねる。<br /><br />
<b>マイケル「ふ……っ、う、……っく、あ――」</b><br /><br />
……もう少しで、意識を全部掠っていく、あのいつもの大きな波が来る。<br /><br />
――と思ったのに、ニールは急に動きを止めた。<br /><br />
<b>ニール「……っ」</b><br /><br />
<b>マイケル「……?」</b><br /><br />
もどかしかったけど、何だか視線を感じた気がして、僕は薄く瞼を開けた。<br /><br />
<ニールがマジマジと僕を見ている。……いや、僕を見ているというより、僕の股間を見ている。<br /><br />
<b>ニール「…………」</b><br /><br />
<b>マイケル「……? ニール……?」</b><br /><br />
<b>ニール「いやあ、でっかくなったなあと思ってな」</b><br /><br />
鳥の声が聞こえる。二人だけの秘密の旅行の二日目。<br /><br />

気持ちのよい風が吹き渡る高原の、大きな木の下で、僕
は長い溜息をついた。<br /><br />

遅めの昼食は、昨日泊まったB&Bで用意してもらった
スコーン。<br /><br />
マイケルは屑のついた指をぺろりと舐めて、
視線を逸らしている。<br /><br />

<b>マイケル「そんなことあったっけ?」</b><br /><br />

<b>セシル「ひどいな。忘れちゃったの? ほんの半年前のことなのに」</b><br /><br />

<b>マイケル「忘れたなあ」</b><br /><br />

<b>セシル「本当に?」</b><br /><br />

僕が瞳を覗き込むと、マイケルの目はさらに泳いだ。<br /><br />

<b>マイケル「う……そんなに見るなよ」</b><br /><br />
<b>セシル「だって、マイケル、嘘を吐いているでしょう?」</b><br /><br />
<b>マイケル「あ~その……」</b><br /><br />
<b>セシル「…………」</b><br /><br />
<b>マイケル「……えーっと」</b><br /><br />